Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« GoogleカレンダーにJSTで定例データを入力 | Main | 手帳の季節2015-1 »

October 04, 2014

繰り返し貼付対応のスケジューラー発見

Googleカレンダー+GMT対策の一応の区切りである。

1.予定入力

Schedule Watcherで入力することにした。
一回予定をコピーすると何回でも貼り付けられるのが気に入った。
加えて、繰り返しで、日・祝日や土曜に当たった場合の対応がある程度可能で、しかも、登録時に複製して格納する形式なので、登録した時点で、個別の予定になっている。よって、それぞれの予定は、普通の予定であるため、マウスでドラッグするなど、簡単に日付変更もできるし、普通の予定ということで、Googleカレンダーと同期した際の問題も起きにくい。
また、検索結果からの一括変更・削除も可能なので、気軽に試せるのも良い。

ただ、複数のカレンダーは登録できないし、Googleカレンダーとの同期も不十分なので、私の場合、このソフトだけでは問題が起きる。

なので、このソフトは、「予定ジェネレーター」として使っている。来月の予定をこのソフトで入力し、ics形式(iCarender+UTF8)で保存して、このソフトでの作業は終了。

2.Googleカレンダーとの同期

FavGCalSchedulerに1で作成したicsをインポートする。
このソフトには、Googleカレンダーと同期できる複数カレンダー以外に、あえて同期しない「インポート」というローカルなカレンダーも設定してあり、インポート先は、このカレンダーにしている。まあ、念のためだ。

その結果、そのままの状態では、全くGoogleカレンダーに反映されないので、来月の予定を一個一個正しいカレンダーに移動させる。
この辺が作業効率上、いまいちな部分だ。

3.課題

Schedule Watcherは、複数カレンダーには未対応だが、「分類」という項目がある。これに、Googleカレンダーの名前を設定して入力しておけば、それをキーにして検索・エクスポートも出来る。この方法だと、FavGCalSchedulerへのインポートが複数回となり、やはり、いまいちである。

この辺は、「どちらを取るか?」といった選択になるだろう。

以前の方式でも、この「一個一個修正」作業は不可避だったので、この部分は、今後の課題ではあるものの、「作業の増大」ではない。

通常のWindowsスケジューラーとしては、FavGCalSchedulerを使っている。それぞれのカレンダーに正しく格納された後は、特に問題となる部分も無いので、それなりに使えるからだ。まあ、一番の理由は、即同期可能という機能故、だと思っている。私の場合、Google APIが最新の3.0にすると、不正終了するので、同期回数制限のある2.0を使っている。この辺は、早く安定してもらいたい改善点である。

« GoogleカレンダーにJSTで定例データを入力 | Main | 手帳の季節2015-1 »

スケジュール」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/60419984

Listed below are links to weblogs that reference 繰り返し貼付対応のスケジューラー発見:

« GoogleカレンダーにJSTで定例データを入力 | Main | 手帳の季節2015-1 »