Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« Googleカレンダーシステム復旧 | Main | 特定秘密保護法が施行 »

November 29, 2014

老人と若者が決める日本の将来

「ボ○老人」「エセ評論家気取りの若者」なのだが、表題にするには問題があるので自粛した。

特に老人のは、特定の身体症状で苦しんでいる老人と取られても困るので、避けた次第である。

まず、老人である。
これは、「おらが先生様」「やっぱり自○党」と、無批判に与党議員などに対して投票する固定層に対して言っている。

しっかりとした信念やしっかりとその議員の活動・信条から判断して投票するのならいいことだが、実際には違う。どんな活動をしてきても、一定の固定票が貰えれば、その議員は、ぬるま湯につかり、何もしなくなるのは当然の帰結だ。

しっかりとした行動を取った議員には投票し、いい加減なやつは、与党だろうと投票しない。是々非々で投票してこそ、選挙の洗礼なのだと思う。

次に若者だ。
これは、「誰がなっても一緒」「どうせ変わらない」とか公言し、選挙に行かない連中を言っている。

こういうアホどもが居るから、議員側が調子に乗るのだ。

こういうアホどもは、結果として、老人固定票の比重を上げ、与党を安泰にしている。結局、与党に投票しているのと大して変わらないと言うことに気がついていない。
「面倒だから行かない」というのも、同類である。

だからこそ、老人世代に対しては手厚く、若者世代は無視した施策が行われているのに、いっこうに自業自得であることに気がつかない。
全く、信じられないアホさ加減だ。

しわ寄せは、しっかりと考えて投票している壮年世代にやってくる。
しっかりとニュースを見、しっかりと候補者の人物を判断し、しっかりとした信念の元に投票しているのだが、上記二者のアホさ加減に押し流され、大した力となれないで居る。

そのくせ、そういう連中(上記二者)は、文句だけは言うのだ。
まったく、付ける薬が無い。

文句があるのなら、しっかりと判断して、投票してから言って欲しい。
あんた方が、日本の政治家を怠けさせているのだから。

どこに投票すべきか?ではなく、しっかりとした判断の下に、「これ!」と思える候補者に投票して欲しい、と言うことが言いたい。

だって、私自身は、無党派なのだから。

« Googleカレンダーシステム復旧 | Main | 特定秘密保護法が施行 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/60732447

Listed below are links to weblogs that reference 老人と若者が決める日本の将来:

« Googleカレンダーシステム復旧 | Main | 特定秘密保護法が施行 »