Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« Apple Watchは、世界を変えるか? | Main | AIIBから日米はのけ者 »

April 14, 2015

不在者投票の拡充を

もうじき、市会議員の選挙が始まる。
そのこと自体はいい。問題は、投票したいのにいけない人たちがいっぱいいると言うことである。

簡単に言うと、デイサービスに施設の車の迎えで通っている高齢者世帯の老人たちである。

要介護度5以上とか、大きな病院に入院している人たちは、病院内に投票所が設けられたり、郵送での投票が認められている。

しかし、そこまでひどくないが、自分たちでは投票に行けない老人たちがいっぱいいると言うことは、意外に知られていない。

そういう老人達が、選挙に関心が無いのならまだいい。問題は、そういう老人達の多くが、投票したがっているということである。

投票したいのに出来ない、というのは、かなりつらいことのようだ。
我が身の不自由さを嘆き、つらい一日を過ごすことになるらしい。

子供と同居だったり、子供達が近所に住んでいる場合は、その助けを借りて何とか投票できているようだが、そうで無い場合は、投票できないようだ。

簡単に言えば、デイサービスに通っている人で、高齢者世帯の老人達のほとんどが該当するはず。これは、かなりの数になる。

行きたいのにいけない、と言う人たちに、援助の手をさしのべる方法は無いものか。

連れて行く方法はある、デイサービスに使う特別仕様車は、日曜なので使われずに空いている。運転手も休みで暇しているはず。
問題は、それらの設備・人を使うわけにはいかないと言うことだ。

これらの高齢者は、ほとんどが保守支持者のはずだ。
制度を整えても、自民党の不利になることはまずあり得ない。

ここは一つ、票稼ぎに、高齢者支援に乗り出してはどうか。

福祉タクシーを使って、利用料を払ってまで投票に行く人は、かなり少数になると思う。何とかならないものか。

« Apple Watchは、世界を変えるか? | Main | AIIBから日米はのけ者 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/61438787

Listed below are links to weblogs that reference 不在者投票の拡充を:

« Apple Watchは、世界を変えるか? | Main | AIIBから日米はのけ者 »