Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« May 2015 | Main | July 2015 »

June 13, 2015

安保一括法案で大混乱

国会が紛糾している。安部安保法案が一括審議されているが、戦後の一大変革とも言える重要法案なので、ある意味、当たり前かもしれない。

なんと言っても、今までの憲法解釈を無視して、戦争が出来る国に変えようという法案なのだから、どれだけ慎重に審議しても「慎重すぎる」と言うことはありえない。

だが、その混乱の元には、国民側の誤解があると思う。再掲になるが、書いておこう。

それは、「憲法9条があったから、日本は70年間平和だった」という誤解である。

アメリカの核の傘、も、少しニュアンスが異なると思う。

戦後70年の平和があったのは、「アメリカ軍が怖かったから」に尽きると思う。

大体が、どこの国が、攻め込む際に、戦争を仕掛けようとしている国の憲法の内容を調べるというのか?
ありえない。

憲法9条がもたらしたのは、周辺国の安心と、日本発の戦争があり得ないと言う点に尽きる。戦争は当事国それぞれの、あるいは、どちらかの一方的な事情で起きる。そういう意味で、日本発の戦争があり得ないのだから、これは、意味がある条文だと思う。しかし、周辺国が攻め込む際の抑止力にはならないのだ。

中国軍の躍進、アメリカ軍の衰退など、周辺情勢は、日々刻々変化している。そして今、軍費を使いすぎて、その負担に耐えきれなくなったアメリカが、かつての「ライジングサン」の脅威を忘れ、日本に応分の負担を求めだしている。100%アメリカ軍が守るのではなく、日本もそれなりの防衛をして欲しいと言うところだろう。

そんな情勢にあって、自衛のための軍備増強は、避けられないようだ。

いったい、世界中どこの国に、必要時に自由に出動させられない軍隊があるというのか。おそらく、それは、日本だけだろう。

憲法9条の理念はすばらしい。出来ることなら、世界中の国の憲法に取り入れて欲しいほど、理想的な条文だ。

だが、悲しいほどに理想だけの条文である。
現実離れしていると言える。

安倍政権が推し進めようとしているのは、周辺情勢の変化(悪化)に伴った、必要欠くべからざる変革に過ぎない。ある意味、必然である。

「憲法9条があったから平和だった」の類いは、太平の世の世迷い言なのである。

ただ、一番問題としないといけないのは、

「安倍総理なんか、信用できない」

と言う一点である。
これから先の総理も、安倍総理ほどではないが、信頼する気にはならない。

問題の根底には、このような深刻な政治不信があるのだと思う。

だから、国民が国会議員にさせるべきは、軍備削減などではなく、有名無実化されようとしているシビリアンコントロールなどの暴走抑止のしくみの構築であろう。

日本は、既に狙われている国なのだ、と自覚して、あの危うい総理の言動を注視していこう。

攻め込まれるのも、攻め込むのも、真っ平御免である。
戦争は、起きて欲しくない。

June 08, 2015

「もはや戦後ではない」は誤解だった

有名な1956年(昭和31年)7月に発表された経済白書(副題:日本経済の成長と近代化)の結語である。
この言葉が、当時の日本人に与えた影響の大きさは、当時生まれていなかった私にも、容易に想像がつく。おそらく、多くの日本人は、この言葉に限りない未来への希望を抱いたに違いない。

だが、誤解が二つ。

一つ目は、この経済白書がオリジナルでは無いということだ。
オリジナルは、中野好夫が『文藝春秋』1956年2月号に発表した「もはや『戦後』ではない」である、だそうだ。(wiki

もう一つは、これは、ついこの間まで日本中を覆っていた重苦しい戦後という空気を追い払い、日本人に限りない未来への希望を抱かせる光の言葉などでは無かったということだ。それは、「警句」だった。(中日新聞朝刊平成27年6月2日6面)
白書作成の指揮を執った経済企画庁の調査課長であったエコノミストの後藤誉之助が中心となって書いたものらしいが、その意図は、現在広く広まっている印象とは正反対で、

「今までは戦後復興ということで、成長の伸び代が多大にあったが、戦前の生産水準にまで回帰してしまった以上、この先、この成長をどうやって続けたらよいものだろうか」(前出wiki)

と言う意図だったらしい。
後藤の考えは、「技術革新がなければ、成長は失速する」というものだったらしい。(前出中日)

それを、敗戦気分が抜けきらない当時の日本人に、拍手喝采で迎え入れられ、多くの日本人達を勇気づけた。

180°違う大誤解だったのだが、時代は、後藤の憂慮をくみ取ったかのように進んでいく。日本企業は、勤勉で優秀な労働者にも支えられ、技術大国への道を一目散に走り出していった。

まあ、狭い国土で、工業資源にも乏しい日本企業にとって、後藤の指摘がなくても、技術革新を図る以外に、日本が生き残る道は無かったのだから、その道をたどったのは、歴史の必然だったろう。

後藤の警句は、そんな日本人達に誤解され、限りない勇気と希望を与えた。そして、「高度経済成長は、この言葉とともに始まった」と後世言われるほど、歴史的な大誤解となった。

それにしても、「好景気は、みんながこれから良くなると思えば良くなる」という言葉を裏付けるような事件だったと思う。

この言葉によって、多くの日本人達は、敗戦気分から抜け出すことが出来、新しい未来へと歩み出すことが出来た。そして、世界史に残るほどの高度経済成長を成し遂げ、先進国の一員となれるまでに、日本経済を立て直した。

きっと、大誤解をされてしまったあげく、早世した後藤氏(享年43)も、その後の日本の驚異的な高度経済成長を、草葉の陰から眺めて、喜んでいたことだろう。少なくとも、氏の長男である秀人氏は、そう考えている。

(一部敬称略)

« May 2015 | Main | July 2015 »