Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« June 2015 | Main | August 2015 »

July 25, 2015

国民の理解が進まない?

安保関連法案についてである。
いささかうっとうしい内容だが、仕方ない。

マスコミも政府も野党も、「国民の理解が進んでいない」
と表現しているが、本当にそうか?

現に、デモでは、
「戦争の出来る国にするな」
「子供達が徴兵されるのは嫌」
「違憲法案だ」
と、多くの参加者がわめき立てているではないか。これらは、この法案の問題点であり、事の本質を正しく理解して上でのデモ行動と考える。
また、世論調査でも、反対意見が圧倒的に多く、この点からも、国民の多くは理解した上で意思を表していると思える。

つまり、国民の多くは、正しく理解している。
で、その上で、賛成する人は賛成し、反対する人は反対している。

ならば、何が進んでいないのか?それは、「国民の賛同」だろう。

そう言ってしまっては身も蓋もないので、「理解」と言い換えているのだと思う。

だって、「国民の賛同が得られていない法案」なんて、そもそも可決しちゃいかんでしょう。でも、アメリカの指示がある以上、可決する一手。で、仕方なく、強制的に可決できる「理解」に言い換えたのだろう。

まさに言葉のマジックだ。

確かに、「関係ない」だの「分かんない」だの言う連中はいる。
しかし、こういう連中は、そもそもニュースも見ないし、選挙にも行かない連中だ。
つまり、そもそも理解するつもりがない、政治に関与することを放棄している連中だから、今回のような場合、対象範囲に入れてはいけない「外れ値」層である。

と言うことで、今回の関連法案は、
「国民の賛同が得られていない法案が、衆院で強制採決され可決した」
と、理解することにする。

July 15, 2015

新国立競技場はやり直しを

未来的なデザインを採用したはいいが、あまりにも飛躍しすぎていて、費用がかかりすぎると言うことで、問題になっている。また、特殊なアーチが原因で、工期も長くなり、頓挫しそうな気配である。

こんなアホな計画、いっぺんチャラにして、一から作り直した方が早いし、経済的だろう。

官僚のメンツがつぶれるというのなら、デザインコンペの条件でもあった1,300億円という総工費で入札すればいい。
当然、入札に応じる業者はないので、入札不調になって、やり直さざるを得なくなる。
皇居の建設を1円で請け負った業者がかつて実在したように、
「宣伝もかねて、この価格で受ける」
と言うチャレンジャーな業者がいれば、それはそれでいいではないか。国民の税金で補填しなくても済むのだから。……まあ、いないだろう。

建築とは、基本的に、人がその内部で活動・休息するための構造物である。
倉庫のように、物品を収納するのが主目的な構造物と違い、今回のような施設は、人が活動すると言うことを第1義に置かなくてはいけない。その点で、あのようなアーチなど、人の活動にとっての必然性は皆無なのだから、考慮する意義はない。

また、建築は、経済性も欠かせない要素だ。
今回の場合、日本の先進性を誇示するためのシンボリックな意味もあるため、ある程度の「とがった要素」も必要だろう。だが、それだけならば、それは人が活動する建築物ではなく、単なるモニュメントだ。「日本最北端の地」のようなあれのことだ。

「あれでいい」というのなら、話は別だが、おそらくは、そうではないだろう。

だから、まず人があって、その人が内部で活動するための建築を、設計し直さないといけない。

メンツを捨てて、やり直したら?
今回だけは責めないからさ。

July 07, 2015

Andoroidの手帳型ケースは?

最近のスマホは、手帳型ケース使用が増えているらしい。
これは、年々大型化していることと関連があるとしか思えない。従来のようなケースを使用している場合、スマホを鞄の中に押し込んでいて、液晶面が割れてしまう事故が多発しているためだろう。

その点、手帳型ならば、鞄の中では、液晶面がケースによって保護されており、割れる危険が少なくて済む。

そんなこんなで手帳型ケース使用者が増えているのだろう。
「デザイン豊富だから」というのは、後付けの理由のはず。おそらくは、売れるようになったから、バリエーションが豊富になったのだ。

ところで、Andoroid使用者はどうしているのかな?
私はiPhoneだから、いくらでも選択肢があるが、Andoroidは、そうはいかない。いろいろなメーカーから発売されていて、流用できないのだ。

しかし、以前、ここで書いたように、実は自作するのは、大して難しくはない。Andoroid所有者は、自分のスマホにあった手帳型を探すより、自作してしまった方が、楽だと思う。

iPhone用手帳型ケースの自作

手順は簡単。
シンプルな安物ケースを買い、カバーに貼り付けるだけである。
カメラの穴などは、既に、ケースにあるので、それに合わせて切り取るだけである。

問題は、カバーの入手だろう。

いっそのこと、自作前提で、スマホメーカーが用意してはどうか。
本体発売と同時に、せこいバックカバーを用意して、入手可能にするか、標準添付する。
そして、カバーを入手可能にしておけば、細かい機種ごとに用意しなくても済む。

大きくなりすぎた自社製「電話機」の保護カバーの普及に悩むより、カスタマイズ可能なキットを用意して、微調整はユーザーにゆだねた方が、建設的かもしれない。
……いかが?

July 03, 2015

ギリシャ経済危機を他山の石に

最初に書いておくが、日本がギリシャのようになる心配は、今のところはない。それは、日本の国債が円建てであるから。為替相場がどうなろうと、1億円は1億円なのだ。インフレで通貨の価値が変わっても、返済額は変わらない。

昭和30年頃、夫婦二人、安アパートで質素に暮らす場合、月2万円程度必要だったらしい。
そこで、この時点で、1ヶ月分の生活費である2万円借りたとする。
いまの相場で言うと、月20万円が相場か。これくらいあれば、何とかやっていけるだろうからだ。

で、ん十年ぶりに貸し主がやってきて、「あのときの借金返せ」と言ったとする。借りた額は、2万円である。今の2万円なら、それほど無理をしないでも返せるはずだ。

実際には、利息が発生し、それだけはちゃんと払っていた、と言うことになるか。

今の日本政府がこんな感じ。毎年、かなりの金額の国債の支払利息分を予算計上している。
まあ、それだけじゃなくて、追加で借りているから、じりじり増えている訳だが。

返済期間が定められている住宅ローンなどと異なり、国の借金は、借り換え出来るのならば、事実上、返済期限はないのと同じ事になる。

しかも、最後の手段、日銀が必要なだけ刷ってしまうと言う荒技だってある。
まあ、本当に「最後の手段」だ。そんなことしたら、ハイパーインフレまっしぐら、だろうし。

このように、目先、日本の国債がデフォルトに陥る心配はない。
ないのだが、放って置いていい、と言うことではない。

1,000兆円を超える借金を何とかしないといけないのは、間違いないのだから。

だから、「ギリシャと日本は違う」と、ほくそ笑んでいないで、他山の石として、借金を減らすべく、努力すべきだと思う。

まあ、2020年までにプライマリーバランスを黒字化、とかやっているから、一応、念頭にはあるようだが。

« June 2015 | Main | August 2015 »