Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 新国立競技場はやり直しを | Main | 太多線が正確になった »

July 25, 2015

国民の理解が進まない?

安保関連法案についてである。
いささかうっとうしい内容だが、仕方ない。

マスコミも政府も野党も、「国民の理解が進んでいない」
と表現しているが、本当にそうか?

現に、デモでは、
「戦争の出来る国にするな」
「子供達が徴兵されるのは嫌」
「違憲法案だ」
と、多くの参加者がわめき立てているではないか。これらは、この法案の問題点であり、事の本質を正しく理解して上でのデモ行動と考える。
また、世論調査でも、反対意見が圧倒的に多く、この点からも、国民の多くは理解した上で意思を表していると思える。

つまり、国民の多くは、正しく理解している。
で、その上で、賛成する人は賛成し、反対する人は反対している。

ならば、何が進んでいないのか?それは、「国民の賛同」だろう。

そう言ってしまっては身も蓋もないので、「理解」と言い換えているのだと思う。

だって、「国民の賛同が得られていない法案」なんて、そもそも可決しちゃいかんでしょう。でも、アメリカの指示がある以上、可決する一手。で、仕方なく、強制的に可決できる「理解」に言い換えたのだろう。

まさに言葉のマジックだ。

確かに、「関係ない」だの「分かんない」だの言う連中はいる。
しかし、こういう連中は、そもそもニュースも見ないし、選挙にも行かない連中だ。
つまり、そもそも理解するつもりがない、政治に関与することを放棄している連中だから、今回のような場合、対象範囲に入れてはいけない「外れ値」層である。

と言うことで、今回の関連法案は、
「国民の賛同が得られていない法案が、衆院で強制採決され可決した」
と、理解することにする。

« 新国立競技場はやり直しを | Main | 太多線が正確になった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28289/61953459

Listed below are links to weblogs that reference 国民の理解が進まない?:

« 新国立競技場はやり直しを | Main | 太多線が正確になった »