Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« September 2015 | Main | November 2015 »

October 26, 2015

マイナンバー通知カードの受け取り

今週を中心にして、各地で簡易書留の受け取りが始まる。
少し前に、注意点を書いたので、不慣れな人は、そちらも参照して欲しい。
マイナンバーカード

さて、その上で、なおも混乱しそうな点を書く。

配達時に不在で、不在連絡票が入っていた場合を想定する。

1.その日は、このあとずっと家にいる場合

今日受け取る方法は無い。これから半年海外出張で日本にいないとしても、だ。例えば、郵便配達のおじさんと玄関ですれ違ったとしても、状況は変わらない。既に、不在連絡票を作成してしまったら、そのおじさんは、本局に持ち帰る一手である。目の前に配達すべき住人がいたとしても、「持ち帰る」以外の手は無い。少なくとも、今のところは、そういう対応だった。

2.しばらく忙しく、再配達して貰える時間がとれない

不在の再配達、最寄りの局での受け取りは、配達日を入れて10日程度である。再配達指定をして、再度不在だった場合は、再配達からではなく、最初の配達から数えて、なので要注意。その後は、発送者である市町村に戻り、3ヶ月以内なら窓口に出向けば、貰えることになっている。

忙しい人は、どちらかに該当してしまうのでは無いだろうか?
いりもしない通知カードの受け取りのために有休を取り、市町村の窓口まで出向かねばならない人は、結構な数に上ると思う。

実は、これら全て、宅急便等なら起きない問題である。
上記1の場合、ドライバーのお兄さんは、にこにこ顔で渡してくれるはず。
又、2の場合でも、地区によってはコンビニで受け取れたり、即日再配達してくれたり、しつこく連絡してきて、その後の打ち合わせだって可能である。

それもこれも、お役所体質が色濃く残る郵便を使うから、起きる問題である。

それにも関わらず、何故簡易書留を使うのか?
それは、配達記録が残るから。
今回の場合、万が一にも、他人に渡してはいけない。親切なお隣さんがいたとしても、渡してはいけない。それが保証されるのは、残念ながら、郵便以外に無い。

最近では、銀行のキャッシュカードの配達は、宅急便等が使われる。そして、本人確認をしたあとで無いと、渡してくれない事になっている。

だから、あと5年後の施行だったなら、問題は起きなかっただろうが、現時点では、国としては、簡易書留以外の選択肢は無かったのだろう。

受け取る側からしたら、宅急便等にして欲しかったのだが、時期尚早と言うことで、諦めるより仕方ない。

JPは、セキュリティレベルを維持したままで、もっとまともなシステムに切り替えるべきだ。
宅急便等業者は、今回の場合でも使って貰えるように、信頼性を上げていって欲しい。

さあ修羅場だ。年賀状の売り出し時期と、局留め受け取り時期と、月末が重なるこれから、とんでもないことになるだろう。

ちなみに、郵便局の職員は、なかば諦めている模様。
ご愁傷様。

October 14, 2015

太多線、犬で停止

私の仕事場のすぐ横をJR太多線が通っているが、よりによってその敷地のすぐ脇で、太多線が停止した。
たまたま、家人が庭作業中で、一部始終を目撃したので、その様子を書く。

Photo_6
停車中の車両(キハ75)

本日午後4時半過ぎ、線路を大型の黒い犬が横断しているところに、太多線(キハ75、美濃太田行き)が通りかかり、線路上にいる犬を発見、緊急停止した。実際には、犬が横断しているところを20m位通り過ぎた位置で停止したのだが、犬は轢かれることも無く、のほほんと通り過ぎていった模様。

運転手?にその旨連絡したが、運転手は点検を続行。10分ほどして安全を確認し終えたのか、午後5時頃発車していった。

何とも人騒がせな犬だ。

TPPが決着

合意内容が明らかになると、自民党が公約していた農業関係の関税などが、ことごとく市場開放の流れになっており、農業関係者からは、「寝耳に水だ」「聞いていない」という非難の声が上がっている。

これ、本当にそういう非難の声が上がっているとしたら、日本の農業に未来は無い。これが、「やっぱりそうか、嘘つきだ」という非難だったら、「ああ、信じちゃいけない連中の約束を信じちゃったんだね」と、その人の良さに同情できるのだが、「寝耳に水」と言われては、「アホか」としか、コメントのしようが無い。

だって、ほぼ予想通りの内容でしょ?

「もし、重要五品目を守り切れない時はTPPから抜ける」なんて、リップサービスしていたが、まさか、その戯言を真に受けていた人が、こんなにいたことに、むしろ驚く。

つまり、それを信じていた人は、鵜呑みにして、何も対策を取っていなかったのだろう。だとすれば、自業自得と言わざるを得ない。

例えば、スーパーで、牛のサーロインステーキを買うとする。1枚当たり、USA産ならば500円。和牛なら1,000円とすると、どちらを買うか?
これは、その時次第だろう。だって、高い方の和牛の方が、口に合うのは、わかりきっているからだ。これが、松阪牛だったら、話は少し変わってくる。おそらく、そういう購買者は、外国産のステーキ肉に目もくれず、松阪牛のを買うことだろう。また、普通の和牛肉が、1枚700円だったら? これまた、話は面倒になる。
つまり、「安い肉が輸入されたら、和牛は壊滅する」とは限らないのだ。

米だってそう。カリフォルニア米が、脅威の対象だろうが、現地に住む日本人の言では、店頭では、10kgで3,000~4,000円(当時のレートで換算)らしい。つまり、大差ないのだ。現地で馬鹿安値で売られているのは、日本人が食べない類いの米だという。これも、現時点では、脅威にならない。
なるとしたら、「日本で売れる」となって、だっだっ広い農地で、一気に大量生産し出してからの話だ。おそらくは、少しの余裕がある。その間に、対策を進めておかないといけない。

カリフォルニア米が10kgで2,000円。
コシヒカリが、3,000円

さて、どちらを買いますか?
きっと、購買者全員が、カリフォルニア米を選択するわけじゃ無いと思う。

自分たちに都合の良い情報ばかり鵜呑みにしてないで、まじめに対策すべきでは? 大規模農地化するだけが対策じゃ無いと思う。

October 08, 2015

マイナンバーカード

もうそろそろ、通知カードの発送が始まるようだ。
市町村の住民登録のデータを国が貰って、国が一括して制作・発送するようで、各自に到着するのは、もうしばらくかかることだろう。
多少混乱があったようで、市町村の方では、情報が届かず、困ったこともあったらしい。

市町村では簡易書留で一気に発送、郵便局では、それらを一斉に、かつ、迅速に届けないといけないので、トラブルが無いように、あらかじめ打ち合わせをしていた模様。それが、国が一括発送となったので、その努力が水の泡と化した様だ。

まあ、簡易書留と言うことで、留守の家には配達されないので、不在通知だけが入れらるため、混乱の嵐となることだろう。

ちなみに、再配達の指定は、電話だけでは無く、HPでも可能だ。
JP

中段にある「再配達のお申し込み」をクリックして、指示通り記入すれば、指定通り届く。指定すれば、指示完了メールも即座に届く。注意するのは、入力間違いと、全角・半角のミスくらいのものだ。そうそう、郵便局局留め指定の場合、郵便局の住所の郵便番号が分かっていると、局の指定が楽だよ。

年に10回程度、局留めにしているから、これは、そのまま信じて貰ってOK。局での受け取りは、その不在通知と身分証明書と念のための認め印を持参すること。担当者によっては、認め印を要求してくることがある。また、運転免許証などの場合、その番号を局が控えることになっている。

ここまで書いただけで、「大混乱」のにおいが辺り一面に立ちこめる。
大丈夫か?

さて、セキュリティの面で、いっぱい指摘されているから、心配している向きも多々あるだろうが、個人的には、あまり、心配していない。

だって、市町村、国などのセキュリティレベルなんて、大量漏洩事故を引き合いに出すまでも無く、お粗末なのはわかりきっているので、心配しても始まらない。運良く何事も無く過ぎるのを祈るしか、一般庶民には打つ手は無いのだから。また、国や税務署に知られて困るような隠し資産も無く、知られて困るような健康保険の不正使用も無いので、悪党どもに入手されて不正使用される位しか、心配のネタが無いこともある。

今後、国民総背番号制が完了し、各国民にユニーク(唯一の、と言う意味)な通し番号が振られた暁には、いいこと幸いに、あっちこっちに紐付けし、個人情報を管理しまくるのは、火を見るより明らかだが、それとても、個人的には困ることは少ない。

話のネタに、年が明けたら、プラスチックのマイナンバーカードを入手し、悦に入ってみよう。

そうそう、申請には、証明写真が必要になる。いわゆるパスポートサイズのようだ。だから、街角にあるインスタント写真で対応できる。
ただ、最寄りの機械の場合、パスポートサイズを指定すると、パスポート用の顔がやたらとでかく印刷される写真と、普通のバストショットの写真と、2パターン出力される。後者は、「在留許可証」申請用らしいが、こちら方を提出するのがいいと思う。パスポート用の「デカ顔」写真は、好きになれないから。まあ、福山雅治、向井理並みのルックスをお持ちなら、あえてそっちにする手もあるけど。……私はパス。

まあ、心配するのはもっともだし、その恐れは多々あるが、個人が心配したって始まらない内容だから、楽しみませんか?

October 03, 2015

携帯代を安くしろ!

安倍総理のご下命らしい。
まあ、安保法案強行採決で、目も当てられないほど下がった支持率を、少しでも戻さんとしての人気取りだろうが、ユーザーにとっては、ありがたい限りである。

ただ、2G→3G→4G-LTE(3.9G)→真の4Gといった巨額設備投資を強いる変革の真っ最中である大手3社は、熾烈なシェア争いの中で、ぎりぎりの値下げをしているはずで、とてもそんな余力はないはずだ。

「乾いた雑巾をさらに絞る」とは、トヨタの「カイゼン」を指した例えだが、それに比べれば3社の「カイゼン」は、まだまだ甘いので、総理の意向を受けて、さらなる値下げは、十分に可能だとは思うが、「大幅値下げ」は、不可能だろう。

さて、私のような「通話すら稀」な「持っているだけ」オヤジでも、iPhoneなどのスマホだと、8,000円/月を下回るのは、至難の業である。若者などが、ちょっと使えば、1万円は、すぐ目の前になることだろう。これは、現在の家計状況では、馬鹿にならない出費だと思う。

今更「ネット無し」には戻れないので、格安スマホをかませて、ガラケー通話+ネットのみアンドロイドと頑張ったところで、7,000円/月が下限になるようだ。スマホのローン部分が終われば、5,000円/月程度になるようだが、まだまだ高いと思える。

ガラケーのみ、格安スマホのみで事足りる人は、現状でも、それなりに快適だろうが、大多数のオヤジは、そうは問屋が卸さない事だろう。

結局、1,000円/月程度割高になるが、素直にiPhone持って節約し、長く使うのが一番楽、になってしまうのだ。

「あの」安倍総理の得点になるとは言え、携帯・スマホ料金が下がるのなら、背に腹はかえられないから、「良し」とするか。

« September 2015 | Main | November 2015 »