Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« マイナンバーカード | Main | 太多線、犬で停止 »

October 14, 2015

TPPが決着

合意内容が明らかになると、自民党が公約していた農業関係の関税などが、ことごとく市場開放の流れになっており、農業関係者からは、「寝耳に水だ」「聞いていない」という非難の声が上がっている。

これ、本当にそういう非難の声が上がっているとしたら、日本の農業に未来は無い。これが、「やっぱりそうか、嘘つきだ」という非難だったら、「ああ、信じちゃいけない連中の約束を信じちゃったんだね」と、その人の良さに同情できるのだが、「寝耳に水」と言われては、「アホか」としか、コメントのしようが無い。

だって、ほぼ予想通りの内容でしょ?

「もし、重要五品目を守り切れない時はTPPから抜ける」なんて、リップサービスしていたが、まさか、その戯言を真に受けていた人が、こんなにいたことに、むしろ驚く。

つまり、それを信じていた人は、鵜呑みにして、何も対策を取っていなかったのだろう。だとすれば、自業自得と言わざるを得ない。

例えば、スーパーで、牛のサーロインステーキを買うとする。1枚当たり、USA産ならば500円。和牛なら1,000円とすると、どちらを買うか?
これは、その時次第だろう。だって、高い方の和牛の方が、口に合うのは、わかりきっているからだ。これが、松阪牛だったら、話は少し変わってくる。おそらく、そういう購買者は、外国産のステーキ肉に目もくれず、松阪牛のを買うことだろう。また、普通の和牛肉が、1枚700円だったら? これまた、話は面倒になる。
つまり、「安い肉が輸入されたら、和牛は壊滅する」とは限らないのだ。

米だってそう。カリフォルニア米が、脅威の対象だろうが、現地に住む日本人の言では、店頭では、10kgで3,000~4,000円(当時のレートで換算)らしい。つまり、大差ないのだ。現地で馬鹿安値で売られているのは、日本人が食べない類いの米だという。これも、現時点では、脅威にならない。
なるとしたら、「日本で売れる」となって、だっだっ広い農地で、一気に大量生産し出してからの話だ。おそらくは、少しの余裕がある。その間に、対策を進めておかないといけない。

カリフォルニア米が10kgで2,000円。
コシヒカリが、3,000円

さて、どちらを買いますか?
きっと、購買者全員が、カリフォルニア米を選択するわけじゃ無いと思う。

自分たちに都合の良い情報ばかり鵜呑みにしてないで、まじめに対策すべきでは? 大規模農地化するだけが対策じゃ無いと思う。

« マイナンバーカード | Main | 太多線、犬で停止 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference TPPが決着:

« マイナンバーカード | Main | 太多線、犬で停止 »