Recent Trackbacks

September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 電力自由化2016 | Main | LED電球は10年保たない »

February 06, 2016

最近進みがちなPCの時刻

PCを起動する場合、その日最初の起動時には、必ず、タイムサーバーにアクセスし、PCの時刻を修正している。
一日一回のことなので、Windowsのスタートアップには登録せず、デスクトップに置いてある桜時計を手動で起動している。32ビットなアプリなためか、毎回UACらしき問い合わせが来るが、気にせず「OK」している。

その際に、半分くらいは、PC側の時刻が進んでいて、遅らせる方向の修正が入っている。まあ、ほぼスタンドアロンなので、問題は無いのだが、ネットワーク内の端末としては、いささか問題がある。

以前、詳しく書いたので、そちらを参照して下さい。

PCの時刻は何故ずれる?

これは、PCのハードというか、時刻を管理している部分の性能が上がり、より正確な時刻を保持できるようになった副産物なのかもしれない。
ただ、「余計なお世話」である。PCの時刻は、「遅れるべき」なのだから。

あと、同期元のタイムサーバーは、できる限り、ローカルPCにネット的に近いサーバーを選ぶべきである。今時、国立天文台や福岡大学の公開サーバーに同期して、負荷をかけたりしていないだろうか。

XP以降だろうか、1~2週間に一度、MSのタイムサーバーにアクセスして時刻を修正するようになっているが、これは、そのままでいい。有料のOSを提供して稼ぎまくっている提供元が、世界中からのアクセスを想定して入れ込んだ機能なのだから、アクセス集中が元でサーバーがダウンしたら、クレーム入れて、増強させればいいだけの話だ。それくらいの意趣返しは、許されると思っている。

私が使っているISPは、公開タイムサーバーがあり、そこに同期しているため、応答時間も速く、上記の公開サーバーに負荷をかけないので、気が楽である。

最近、とんと浦島太郎だが、以前、ネームサーバー(DNS)を立てているサーバーは、タイムサーバーを立てて、時刻を同期しておくのが必須だった。
基本的な仕組みは、今でも同じだと思うので、ネームサーバーを立てているISP、つまり、普通のISPは、必ずタイムサーバーをたてているはずである。
こういうタイムサーバーを2次サーバーとか、3次サーバーという。

好意で公開している1次サーバーにアクセスを集中させ、迷惑をかけるのは、極力避けるべきである。

原子時計などの超正確な時刻に直接同期している1次サーバーに日に何度もアクセスし、常時同期している2次サーバー、さらにその2次サーバーに同期して正確な時刻を保持している3次サーバーにアクセスすれば、我々のPCの時刻ごとき、必要十分どころか、十分すぎておつりが来るくらいだ。

で、ISPに問い合わせた結果、
「タイムサーバーって何?」
「設置してません」
「ありますが、公開していません」

とか言う対応だったら、速攻でISPを変えることをおすすめします。

« 電力自由化2016 | Main | LED電球は10年保たない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 最近進みがちなPCの時刻:

« 電力自由化2016 | Main | LED電球は10年保たない »