Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« March 2016 | Main | June 2016 »

April 22, 2016

耐震建築が軒並み倒壊

熊本県の被災状況だけでは無く、あちこちの巨大地震で頻繁に見かける光景である。
で、感じるのは、
「耐震構造って聞いてたのに……」
と言う勘違いである。その被災した建築物は、立派に役目を果たし終えている。

耐震構造の詳細を規定しているのは、建築基準法であるが、何度も起きている震災を受け、何度も改正されている。
でも、それなのに倒壊しているのは何故か。

この法の該当部分は、
「中にいる人が逃げ出すまでの間、倒壊しないこと」
を目的として制定されている。
しかも、建築基準法は、最低限度の基準を定めている。
だから、どんな地震にもびくともしない建築物を目指しているのでは無いのだ。

建築基準法は最低限度の基準なのだから、良心的な工務店ならば、基準法を遙かに上回るしっかりした構造にしてくれているはずだ。
でも、被害を受けている。それは何故か?

それは、経済性という観点から。
そもそも、私が建築を学んだ時は、関東大震災クラスの地震にも耐えられる、と言う基準だった。それが、何度か改正されて厳しくなっているわけだが、基本的な考え方は同じ。規定の規模の地震になら耐えられる構造と言うことだ。

例えば、マグニチュード20規模の地震に耐えられる建築であれ、と言う基準に変更したとしたら、おそらく、ほとんどの地震に耐えられる建築となるはずだ。
しかし、それが、一般の戸建て住宅だとして、建築費が3億円かかるとしても、発注するだろうか?
そんな法律になったら、ほとんどの人にとって戸建て住宅は、眺めるだけになってしまうことだろう。これは、非現実的な想定である。

一般に、戸建て住宅の寿命は、30~50年である。これを国の方針で100年にしようと目論んでいるが、うまくいっていないようだ。
仮に、長めにみて50年とする。
で、震災の発生確率が、500年に一度とする。

この場合、ほとんどの戸建て住宅は、震災に一度も会わずに、その寿命を終えることになる。それなのに、3億円もかけて、鉄壁の資産家専用建築物であるべきなのか?、ということになる。

そこで、両者の折り合いをとったのが、建築基準法の規定なのだ。

・数百年に一度クラスの地震なら、最低限、逃げ出す前につぶれたりしない
・庶民が建てられるように、合理的な基準に押さえる

これが、いわゆる「耐震基準」である。

ちなみに、マグニチュード20クラスの地震が実際に起こったら?
そんな天変地異は、想定外である。

April 21, 2016

三菱自動車の燃費不正

記事

対象車種を1年前に新車で買ったオーナーとして書く。
結論から書けば、「どうでもいい」である。

かつて、10モード燃費(初期バージョン)という数値があったが、役に立たなかった。なぜなら、会社の未来を一身に背負ったプロのテストドライバーが、必死でたたき出した数値だからだ。

10モード燃費というのは、市街地走行などを想定し、出来るだけ実際の運用状況を再現したものだが、実態は、上記の通りで、参考にならなかった。実態を遙かに上回る数値がたたき出されていたからだ。

なので、参考にするなら、「60km定速走行の8掛け」だった。この方が、実態に近かったのだ。

そして、最近は、それすらやっていない。大した意味は無いし、面倒だからだ。燃費など、2回目の給油の時に計算すれば分かることだ。

率直に言って、660ccのエンジンに、あれだけのガタイを載せれば、燃費など、良いはずは無いのだ。実際、外国向けに最適なエンジンを設計したら、1,000ccなんだそうだ。それを、軽という規格に無理矢理合わせるべく、小さすぎるエンジンを載せているのだから、燃費など、良いはずは無い。

にもかかわらず、そこそこの燃費がカタログに書かれているのは何故か?

それは、「アイドリングストップ」などの最新技術を詰め込んでいるばかりで無く、エンジンを吹かさないようにしているからだ。

事実、所有している該当車種は、バイパスへの合流時すら心配なほど、加速が悪い。

それでいて、実際の燃費は、12~13km/Lなのだから、恐れ入る。

なので、元々、購入に当たって参考にしてもいない数値が間違っているからと言って、怒りを覚えたりしない。

もともと、当てにしていない数値だからだ。

それよりも、安全性向上に配慮して欲しい。安全性第一で開発し、万が一の時も、しっかりリコール修理してくれれば良い。

以上が、一オーナーとしての素朴な感想である。

April 09, 2016

若者の車離れ

記事

車を保有していない10~20代のうち「クルマに関心がない」は69%だそうだ。(上掲記事)
車会社は、よほど本腰を入れて将来像を描かないと、えらいことになるよ。

かつて、CMでこんなのがあった。

「いつかはクラウン」

まさに、実感だった。人によっては、セドリックだったりしたが、大差ない。
けっして、ベンツでもBMWでもなかった。

だから、「車が欲しい」という人々がいて、その人達に訴求すれば、車は売れていた。需要を掘り起こす必要など無かったのだ。選ばれるかどうか、だけに尽力していたと言える。

それが、購入対象の年代の人々の意識が変化してきているのだ。

このまま行けば、
「車は、必要な時だけ借りれば良い」
となりかねない。

だが、これは、悪しき変化、ではなく、時代の必然と言える。

いま、CMで流れている車を新車で買おうとすれば、100万円では、到底足らない。それが軽自動車だとしても、である。

率直に言って、高すぎる。

決して、「暴利をむさぼっている」と言っているのでは無い。メーカーは、1円どころか、1銭でも値段を下げるべく、寝る間も惜しんでコストダウンに励んでいることだろう。それは分かる。

しかし、一番大切なのは、購入者の実感として、「高すぎる」と感じてしまうと言うことだ。

軽自動車で、そこそこのグレードなら諸経費込みで、150万円くらい。最上位グレードなら、180万円に近くなる。普通車なら、200万円くらいは覚悟しないといけない。

これが、たかだか9年しか使えないし、維持費だって馬鹿にならない。

計算したわけでは無いが、2年目以降でも、年20万近くかかっているのでは?だから、9年のトータルでは、かなりの金額になる。

それでいて、優越感に浸れないのが、車という商品なのだ。

仮に、トータルで500万円かかるとして、それだけあったら、どれだけ高級レストランにいけるか。何回海外旅行に行けるか。そもそも貯金したら。

それでいて、得られるものは、車無しの場合と、大差ないのである。
これでは、若者が欲しがらないのも無理は無い。

例えば、若い女性が、
「わぁ、プリウスだぁ。なんてすてきな人でしょう」
とか、目をハートマークにしてくれたら、話は別だが、これがベンツでも、そこまで感激してはくれないはずだ。

10年は、メンテナンスフリー、その後は、年10万程度で合計20年は乗れる。買い換えた場合でも、10年目までは、半額以下の出費で買える。

これくらいでないと、買う気にならないと思う。

今までは、「いつかはクラウン」だったから、そこそこの耐用年数でよかったが、こういった「不要層」に訴求するためには、

・値段は今のままで、耐用年数20年
・耐用年数10年で良いから、今の半額

どっちかだろう。
買う側の論理から言うと、これは、「当然の要求」である。

まあ、田舎に住んでいて、車必須な環境に住んでいる私からすると、
「都会は、インフラが整っているから、車無しでもいけるんだなぁ」
と、感じてしまうが、だからといって、人口密度が低い田舎だけをターゲットにして車会社が成り立つはずも無いだろう。

本気で考えないと、マジでやばいよ。

April 07, 2016

スマホ自撮り棒の功罪

少し前に、東海地方のテーマパークへ家族で行ってきた。
夜間のイベントがメインのため、日没以降は、結構な混雑具合だった。
その混雑の中、未だに自撮り棒を使うカップルがいたので、書くことにした。

結論から書くと、全く邪魔にならなかった。

通路の外側で、しかも、外側に背を向けて寄り添って立って撮影していたのと、撮影後も自撮り棒を空に向けたまま移動していたのとで、全く邪魔にならなかったのだ。
おそらく、顰蹙を買っているのが分かっているので、マナー違反にならないように配慮していたのだろう。絶対数が少ないこともあって、一度も不快に感じることは無かった。

また、通常の撮影スタイルでも、通路の外側に沿って立ち、通路の中央を塞がない様にポジショニングする技も見かけた。
これまた、不快に感じることはなかった。

一番うっとうしかったのは、昔からある、
「はい、チーズ」
と言うパターンだ。
撮影者が通路中央当たりに陣取り、邪魔なことこの上もない。
どっちかというと、「自撮り棒もってこい!」と言いたくなったくらいだった。

あと、邪魔とかそういう話では無く、下記のシチュエーションで、必死に撮影している人が多かったのは、大いに疑問だ。それはこれら。

夜間のイルミネーション
桜(昼間・夜両方)

これらを素人が綺麗に撮影することは、まず不可能である。「ここで撮った」というアリバイ作りに撮影し、思い出の再現に使うのならまだしも、素人がスマホで撮影しているのに、凝った写真を期待するのは、無茶というものだ。

肝心の景色はそっちのけで、ひたすらスマホの画面越しに「見物」している人がいっぱいいた。

一番綺麗に撮影できるのは、人間の目だし、一番綺麗に記録できるのは、記憶だと思う。
その記憶を引っ張り出すきっかけにするのが、スマホの写真の一番有効な使い方だと思う。

そこの、うつむいてスマホの画面でチェックばかりしているあなたに言っているんですよ。まずは、自分の目でしっかり楽しもうよ。子供の運動会を撮影しているビデオ係のお父さんじゃないんだからさ。

« March 2016 | Main | June 2016 »