Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« スマホ自撮り棒の功罪 | Main | 三菱自動車の燃費不正 »

April 09, 2016

若者の車離れ

記事

車を保有していない10~20代のうち「クルマに関心がない」は69%だそうだ。(上掲記事)
車会社は、よほど本腰を入れて将来像を描かないと、えらいことになるよ。

かつて、CMでこんなのがあった。

「いつかはクラウン」

まさに、実感だった。人によっては、セドリックだったりしたが、大差ない。
けっして、ベンツでもBMWでもなかった。

だから、「車が欲しい」という人々がいて、その人達に訴求すれば、車は売れていた。需要を掘り起こす必要など無かったのだ。選ばれるかどうか、だけに尽力していたと言える。

それが、購入対象の年代の人々の意識が変化してきているのだ。

このまま行けば、
「車は、必要な時だけ借りれば良い」
となりかねない。

だが、これは、悪しき変化、ではなく、時代の必然と言える。

いま、CMで流れている車を新車で買おうとすれば、100万円では、到底足らない。それが軽自動車だとしても、である。

率直に言って、高すぎる。

決して、「暴利をむさぼっている」と言っているのでは無い。メーカーは、1円どころか、1銭でも値段を下げるべく、寝る間も惜しんでコストダウンに励んでいることだろう。それは分かる。

しかし、一番大切なのは、購入者の実感として、「高すぎる」と感じてしまうと言うことだ。

軽自動車で、そこそこのグレードなら諸経費込みで、150万円くらい。最上位グレードなら、180万円に近くなる。普通車なら、200万円くらいは覚悟しないといけない。

これが、たかだか9年しか使えないし、維持費だって馬鹿にならない。

計算したわけでは無いが、2年目以降でも、年20万近くかかっているのでは?だから、9年のトータルでは、かなりの金額になる。

それでいて、優越感に浸れないのが、車という商品なのだ。

仮に、トータルで500万円かかるとして、それだけあったら、どれだけ高級レストランにいけるか。何回海外旅行に行けるか。そもそも貯金したら。

それでいて、得られるものは、車無しの場合と、大差ないのである。
これでは、若者が欲しがらないのも無理は無い。

例えば、若い女性が、
「わぁ、プリウスだぁ。なんてすてきな人でしょう」
とか、目をハートマークにしてくれたら、話は別だが、これがベンツでも、そこまで感激してはくれないはずだ。

10年は、メンテナンスフリー、その後は、年10万程度で合計20年は乗れる。買い換えた場合でも、10年目までは、半額以下の出費で買える。

これくらいでないと、買う気にならないと思う。

今までは、「いつかはクラウン」だったから、そこそこの耐用年数でよかったが、こういった「不要層」に訴求するためには、

・値段は今のままで、耐用年数20年
・耐用年数10年で良いから、今の半額

どっちかだろう。
買う側の論理から言うと、これは、「当然の要求」である。

まあ、田舎に住んでいて、車必須な環境に住んでいる私からすると、
「都会は、インフラが整っているから、車無しでもいけるんだなぁ」
と、感じてしまうが、だからといって、人口密度が低い田舎だけをターゲットにして車会社が成り立つはずも無いだろう。

本気で考えないと、マジでやばいよ。

« スマホ自撮り棒の功罪 | Main | 三菱自動車の燃費不正 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 若者の車離れ:

« スマホ自撮り棒の功罪 | Main | 三菱自動車の燃費不正 »