Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 参院選2016~政治不信~ | Main | 深刻な水不足 »

June 30, 2016

日本国憲法

最近、参院選の真っ最中だからか、選挙後、2/3が確保でき次第、憲法改正に着手しかねない状況だからか、憲法に関する話題が見聞きする。

日本国憲法は、前文と103条の条文からなるのは、よく知られているが、前文のさらに前に、短い記述があるのは、意外に知られていない。
それは、こんな感じ。

朕は、日本国民の総意に基いて、新日本建設の礎が、定まるに至つたことを、深くよろこび、枢密顧問の諮詢及び帝国憲法第七十三条による帝国議会の議決を経た帝国憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる。

御名御璽
昭和二十一年十一月三日

内閣総理大臣兼
外務大臣 吉田茂
国務大臣 男爵 幣原喜重郎
以下略

日本国憲法

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、……
出典

つまり、日本国憲法は、帝国議会の議決を経て、大日本帝国憲法第73条の改正条項を使って、全面改定された改正憲法なのである。

で、その73条がこれ。

大日本帝国憲法

第73条将来此ノ憲法ノ条項ヲ改正スルノ必要アルトキハ勅命ヲ以テ議案ヲ帝国議会ノ議ニ付スヘシ
2 此ノ場合ニ於テ両議院ハ各々其ノ総員三分ノニ以上出席スルニ非サレハ議事ヲ開クコトヲ得ス出席議員三分ノ二以上ノ多数ヲ得ルニ非サレハ改正ノ議決ヲ為スコトヲ得ス
出典

どうでもいい違いのようだが、意外とそうでは無い。

まず、大日本帝国憲法は無効になっていないということである。天皇の統帥権など、新憲法で明確に変更された条文はいいのだが、細かい政令・省令などは、大日本帝国憲法が無効になっていないために、現在も効力を有するとされている規定がある。

よく知られているのが、皇紀である。日本の方が西暦を使う国々よりも歴史が古いことを言いたくてでっち上げた眉唾物の皇室の記録を元に作られた年号である。そのため、初期の天皇は、200歳を超えていたりするが、それはいい。言えるのは、西暦+660年の年号が過去に存在し、今なお、無効になっていないということだけが重要である。

ちなみに、皇紀2600年(西暦1940年)に制式採用されたから、それにちなんで「零戦」なのである。

それはさておき、この皇紀が、近年、政治の表舞台に再登場する事態となった。元号法である。この法律が成立したことにより、それ以降、国の正式文書から、西暦というものが、一切合切消え去った。

閏年は、西暦を元に計算するのだから、これ以降、日本は、法の規定上、閏年を計算できないことになってしまう。

だが、現実には問題が無い。

明治三十一年勅令で、「紀元年数(皇紀)ヨリ六百六十ヲ減シテ」(wiki)、つまり、皇紀より660引いた数字を元に算定すると規定されていて、その規定が、大日本帝国憲法が無効にならなかったために、現在も、閏年が計算できている。

このように、国政の奥では、大きな違いがあるのが、大日本帝国憲法の全面改正なのだ。

ちなみに、冒頭の「御名御璽」とは、天皇陛下の署名と印のこと。B5用紙いっぱいくらいの大きさの正方形のでっかい印を押し、毛筆で天皇ご自身の署名がされる。ちなみに、今上天皇ならば、「明仁」と書かれる。

実際に見たことは無いが、写真は見た。
地元の先生様が大臣になった時に、喜色満面で披露している写真を見たのだ。
それはそれは、でっかい印だった。
まあ、実物を目にすることは、おそらく無いだろう。叙勲の可能性も無いしね。

« 参院選2016~政治不信~ | Main | 深刻な水不足 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本国憲法:

« 参院選2016~政治不信~ | Main | 深刻な水不足 »