Recent Trackbacks

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« August 2016 | Main | October 2016 »

September 24, 2016

手帳の季節2017-2~リマインダー~

リマインダー

手帳関連でいえば、決められたタイミングで通知してくれるアプリのことである。iPhoneには、純正のリマインダーが入っており、リマインダーとしては、きわめてすぐれたアプリである。がしかし、現状では、Googleカレンダーとは何の関係もないスタンドアロンなアプリであり、私にとっては、無価値である。

また、通知機能付きToDoアプリとの違いがよく分からない。
で、使わないできたのだ。通知機能以外は、紙手帳で十分だったから。

Googleカレンダーのリマインダー

しかし、Googleカレンダーにリマインダー機能が付き、「Googleカレンダー」という専用アプリがあるとなれば、話は別だ。使ってみると、スケジュール欄にToDoが、まとめて、とはいえ、表示される。これなら使い物になる、と思わせる。

しかも、期日指定すれば、その期日に単独でToDoとして表示され、未消化の場合は、本日のToDoに合流して一緒に表示されている。まさに、「希望通り」なリマインダー機能といえる。

でも、私にとっての欠点もある。

まず、一括入力機能がないこと。
通常のスケジュールは、Windowsのスケジューラーでコピペ・移動して登録し、Googleカレンダーに同期させることで、一括登録している。しかし、Googleカレンダーのリマインダーには、どこも対応しておらず、この方法が使えない。

また、私の場合、ほとんどのスケジュールがToDoなので、通常のスケジュールが当日消化されなければ、翌日以降は未消化ToDoとなる。しかし、Googleカレンダーのリマインダーには、通常のスケジュールとリマインダーの間の変換機能がなく、ということは、こういった使い方の場合、手でリマインダーに入れ直すしかない。

苦肉の策としては、最初から、すべてをリマインダーのデータとして入れてしまうという方法も考えられるが、そもそも一括入力や同期に対応していないのだから、無理な相談だ。

結局紙手帳

ということで、素晴らしいスケジュール環境が整う予感があたり一面に漂い始めているが、現状では、従来と大差ない状態である。

とりあえず、Windowsのスケジューラーなどが、リマインダーの同期に対応し、Googleカレンダー内でも、スケジュールとの相互変換機能が装備されるのが、最優先課題だろう。

おしい。

September 23, 2016

手帳の季節2017-1~紙綴じ手帳の優位性~

メインは紙綴じ手帳

現在、毎月の予定は、紙手帳がメインであるが、Googleカレンダーにも登録している。食い違いがあった場合は、紙手帳が正解となっている。どちらかというと、出先などでの利便性を高めるために、Googleカレンダーにも同じデータを登録しているという力関係である。
ただ、次第に、Googleカレンダーの比重が高まってきている。

紙手帳から移れない

しかし、この状態が続いている。
それは、ほとんどすべての予定が、ToDoとして登録されているからだ。

私は、ずっと、格子型のマンスリーを使っている。予定の先頭に□マークを付加して記入してある。

予定の中には、期日限定なものもあれば、アバウトなものもある。先延ばしする場合もあるし、前倒しして消化する場合もある。
そのどちらの場合も、済んだ予定は、色鉛筆で塗りつぶして分かりやすくしている。
紙手帳の場合、見開きで一か月が一覧でき、消化・未消化のどちらの予定も、一目瞭然である。

日付に縛られない予定は、空いている場所に書けばよく、これまた、一目瞭然だ。

格子型のスペースの狭さは、ハイパーリンク式にして、後ろのメモ欄に書くので、全く問題にならない。

この一覧性の良さを実現するアプリがなく、紙手帳から、離れられないでいるのだ。アプリだと、過去の予定は消え去るものが多いし、一覧できても、済んだかどうかがわからない。ToDoアプリもあるが、一括登録や表示方法など、スケジュールアプリに追いついていない。

毎月の定例行事などは、Windowsのスケジュールソフトでコピペしたりして、一気にGoogleカレンダーに登録したりしているが、面倒であることは変わりない。

それが、少し変化したのが、Googleカレンダーの「リマインダー」である。

September 10, 2016

木村拓哉が苦境

これはいいかも。

最近、「裏切者」として、人気急下落中らしい。
対策として、夫婦共演が検討されているらしいが、これは見ない。

個人的に期待するのが、少し時間をおいての、続編である。

今までは、木村自身のポリシーで、続編は基本NGだった。
しかし、今はそうもいっていられないだろうから、ここぞ!とばかりに、オファーしてほしいところだ。

さしあたっては、「HERO3」あたりが希望だが、ストーリー的に決着がついていないもので、続編可能なドラマの続編なんて、面白そう。

今回の木村の「裏切り」は、評価も反対もしない。
これは、10年、20年経ってみないと、どちらが正しかったのか分からないと思っている。それほど、大きな問題を含んだ事件だったと思う。

そんな複雑かつ大きな事件の渦中にあって、木村が下した苦渋の決断を、目先の結果だけを見て、「裏切者」と即断するのは、いささか酷だろう。

ジャニタレがどうなろうと痛くも痒くもないおっさんとしては、「木村主演」ばかりでなく、助演ドラマも見てみたい。
奴の足かせがなくなり、飛躍のための助走期間であってほしいものだ。

とりあえず、世間からバッシングされて四面楚歌な久利生公平の苦闘あたりから、再開しては?
で、支える事務官が、アイドル丸出しの役立たず姉ちゃんとかで。

« August 2016 | Main | October 2016 »