Recent Trackbacks

June 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 木村拓哉が苦境 | Main | 手帳の季節2017-2~リマインダー~ »

September 23, 2016

手帳の季節2017-1~紙綴じ手帳の優位性~

メインは紙綴じ手帳

現在、毎月の予定は、紙手帳がメインであるが、Googleカレンダーにも登録している。食い違いがあった場合は、紙手帳が正解となっている。どちらかというと、出先などでの利便性を高めるために、Googleカレンダーにも同じデータを登録しているという力関係である。
ただ、次第に、Googleカレンダーの比重が高まってきている。

紙手帳から移れない

しかし、この状態が続いている。
それは、ほとんどすべての予定が、ToDoとして登録されているからだ。

私は、ずっと、格子型のマンスリーを使っている。予定の先頭に□マークを付加して記入してある。

予定の中には、期日限定なものもあれば、アバウトなものもある。先延ばしする場合もあるし、前倒しして消化する場合もある。
そのどちらの場合も、済んだ予定は、色鉛筆で塗りつぶして分かりやすくしている。
紙手帳の場合、見開きで一か月が一覧でき、消化・未消化のどちらの予定も、一目瞭然である。

日付に縛られない予定は、空いている場所に書けばよく、これまた、一目瞭然だ。

格子型のスペースの狭さは、ハイパーリンク式にして、後ろのメモ欄に書くので、全く問題にならない。

この一覧性の良さを実現するアプリがなく、紙手帳から、離れられないでいるのだ。アプリだと、過去の予定は消え去るものが多いし、一覧できても、済んだかどうかがわからない。ToDoアプリもあるが、一括登録や表示方法など、スケジュールアプリに追いついていない。

毎月の定例行事などは、Windowsのスケジュールソフトでコピペしたりして、一気にGoogleカレンダーに登録したりしているが、面倒であることは変わりない。

それが、少し変化したのが、Googleカレンダーの「リマインダー」である。

« 木村拓哉が苦境 | Main | 手帳の季節2017-2~リマインダー~ »

スケジュール」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 手帳の季節2017-1~紙綴じ手帳の優位性~:

« 木村拓哉が苦境 | Main | 手帳の季節2017-2~リマインダー~ »