Recent Trackbacks

May 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

« 手帳の季節2017-2~リマインダー~ | Main | ファミマの記念マグカップゲット »

October 06, 2016

おばさん化するテレビ番組

最近、この傾向が著しくないか?

例えば、代表的なのが、「ゲス不倫」のケース。

「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音とベッキーの不倫騒動だが、公序良俗という観点から見ると、なぜあそこまで騒がれるのか理解できない。

確かに、「良くないこと」であり、ある程度非難されても仕方がない。どんなに好意的に考えても、褒めるやつはいないだろう。

そして、ビジネスと考えると、ベッキーへのスポンサーの対応も仕方がない。おそらくは、不祥事をしでかしたら一方的に契約打ち切りみたいな条項が入っていて、それに基づく行動だろうからだ。

これは仕方がない。ビジネスだから。
ベッキーの知名度、ターゲット層への訴求度などを勘案して、大枚はたいてスポンサー料払ったのだろうし。

でも、「おっさん視聴者」からすると、違和感ありありである。
なぜ、あそこまで叩かれないといけないのか、理解できない。

川谷は、ベッキーのような清純キャラではないし、そもそも、そういったスキャンダルには、比較的寛容なファンが多いミュージシャンだ。事実、その後のコンサートで閑古鳥が鳴いたという報道も見かけない。
自粛は、あくまでも、自粛に過ぎない。

あと、お色気&暴力シーンが欠如した「無難路線」の新番組の乱造がある。
そういうシーンが満載の番組が、「好ましい」とは言わない。しかし、ドラマなどでは、避けて通れない場合だってあるはず。しかし、通らないから、仕方なく、無難なシーンでお茶を濁すのがほとんどだろう。

そりゃ、見ないわな。

例えば、「シン・ゴジラ」に、お色気シーンはいらない。実際、入っていないだろうし、関係なく大ヒットしている。「君の名は」だってそう。
しかし、不可欠なのに、あえて避けて通っているケースの方が多くないだろうか。そんなドラマ、意味不明に成りかねない。

そういう企画があったら、いっそのこと、Vシネマ通り越して、18禁でAVとして出したらどう?

今までだって、ストーリーのあるAVだってあったのだから、それのちょっと極端なやつと思えばいい。

アメリカ製のビデオドラマが花盛りの今、いちジャンルを築けるんじゃない?

最近のAV女優は、半端ないルックスレベルだから、演出次第では、売れるかもよ。
例えば、刑事ドラマで、普通のOLが、男たちに食い物にされた挙句に、犯罪を犯して逮捕される、といった、ありがちな回でも、この路線なら、そこそこ売れるんじゃない?

あとは、資金だけだぁ。

« 手帳の季節2017-2~リマインダー~ | Main | ファミマの記念マグカップゲット »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference おばさん化するテレビ番組:

« 手帳の季節2017-2~リマインダー~ | Main | ファミマの記念マグカップゲット »