Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

April 01, 2010

トヨタがマツダに技術供与

プリウスのハイブリッド技術を供与することになったらしい。

これは、リコール騒動とは全く関係のない、既定路線。
この方針は、実は、初代プリウスを発売する前からの方針なのだ。
今回の決定は、それに沿っての何社か目かの技術供与となる。

初代プリウスは、適正価格は400万円だったそうだ。
しかし、現実には、200万円前後で発売した。
つまり、売れれば売れるだけ赤字を出していたのが、初代プリウスだったのだ。

なぜ、そんなことをしたのか?
それは、プリウスのハイブリッド技術を、業界のディファクトスタンダードとして確立させたかったから。
初代プリウスは、そのための戦略車だったのだ。
そのためには、売れなくては話にならない。だから、現実に食指が動くであろう200万円前後という破格値で売り出したのだ。

要するに、トヨタは、ハイブリッド技術を供与することで儲けようと目論んでいたのだ。

こうしてみると、今回のマツダへの技術供与は、既定路線であることが理解できるだろう。

あのアメリカの公聴会は、トヨタからハイブリッド技術を引っ張り出し、同時に、ビッグ3への猶予期間提供のためであったとされている。
つまり、トヨタにライセンス料を払い続けるのが嫌で、国の力で、強引に引っ張り出そうとしたのだ。

こんなことは、「世界一正しい国家」であるUSAにしか、思いつかないことだろう。
どんなに図々しい国でも、このまねはしづらい。

だいたい、勝手にフロアマットを敷いておいて、その形状故に、アクセルが引っかかって事故になったと言って、自動車メーカーを告発するなど、いかにもアメリカらしい考え方だ。
たしかに、トヨタの動きは遅かったようだが、根本的には、ユーザーの自己責任の範囲内だろう。

急加速の問題は、でっち上げだった。
アクセルペダルの部品の摩耗による欠陥は、日本向けのプリウスでは使われていない。

つまり、日本で手に入るプリウスは、全く問題ないことになる。

現在、3ヶ月待ちのプリウスが、このリコール騒ぎで人気が落ち、即納車可になったとしたら、トヨタにとっては痛手だろうが、個人的には朗報だったりする。

ま、今の車は、新車で購入して、まだ4年目なので、新車購入は、当分先なのだが。

March 04, 2010

マスコミは自壊か

マスコミは、自壊への道を歩んでいないか?
この場合のマスコミとは、主に、TVのニュース、紙新聞などを念頭に置いている。

たわいもない噂だったのが、国際問題になりかけているのに、一切報道しないからだ。

きっかけは、バンクーバー五輪で、キム・ヨナの得点が高すぎたこと。
当然のごとく、2chを中心に炎上し、それに対する韓国の抗議の嵐が巻き起こった。

そして、暴走したのは、韓国の方。
2chに対し、DoSアタックを掛けるべく広く仲間を募り、猛アクセスを掛け、サーバーをダウンさせた。

韓国側は溜飲を下げたことだろうが、事態は、思わぬ方向へ。
攻撃を受けたサーバーは、確かに、2chのサーバーなのだが、その管理をしていたのは、アメリカの管理会社だった。
つまり、韓国から、アメリカのサーバーへ、公然とアタックを掛けたと見なされ、アメリカの当局が動き出している。
場合によっては、とんでもない額の損害賠償金を払わされる可能性もあり、事態は、国際問題になっている。

…といった一連の騒動は、マスコミでは、一切報道されなかった。
まあ、全ての報道を見た訳ではないので、断定は出来ないが、私の知る限りは、報道されていない。
そして、今晩のニュースや明日の朝刊では、遅すぎると思う。

ブログやネットニュースでは、とっくの昔に報道され、陳腐化しつつあるというのに、だ。

紙新聞やTVニュースは、時間を割いて眺めるだけの価値のある報道だと思っている。
ネットニュースよりも、何倍も見やすいし、頭にも残る。
しかし、この状態では、ネットニュースも見なければいけなくなってくる。

これが、10年に一度の見落としならばいい。
様々な方面からの圧力で、知らんぷりを決め込んでいるのなら、自滅の道を歩んでいるに等しい。

韓国系企業がスポンサーだから。
スポンサーが、韓国企業と懇意にしているから。
政府から圧力がかかった。
当局から圧力がかかった。

このどれかなら、マスコミの存在意義は既に無い、といえる。

ブログこそが、真実を伝える唯一の媒体…なんて、駄目だよ。
だって、書き手のスキルが千差万別なんだから。

July 27, 2007

関西のおばちゃんは、オレオレ詐欺泣かせ

関西では、オレオレ詐欺の被害が、極端に少ないらしい。
ざっと、当たってみた。

犯罪者サイドでも「大阪は商売(?)がやりにくい」と話しているとの噂
延々話させた挙げ句、「ほんなら本人と代わるわ」と言われたとか

関西を元気にする処方せん(8)

府警によると、電話をかけてきた犯人に「あんさんは、誰だんねん」「うちの息子は『オレオレ』いう名前とちゃいま(違います)」と、逆に質問攻めにして撃退したケースが多いという。

なぜ大阪で振り込め詐欺被害が少ないのか

値切るのが当たり前の関西で、引っかけて「銭」を振り込ませようなんて、はなから無理に決まっている。

ちなみに、値切るのは、関西の悪弊ではない。
単なる商習慣の違い。

元々は、関西のように、掛け値商売が、当たり前だった。
なので、買う方も、しっかり値切って、「適正価格」で買うわけだ。
つまり、言い値で買うのは、愚か者なのだ

古くは、関東もそうだった。
しかし、江戸時代に、画期的な売り方を始めた商人がいた。
現金正札商売を始めたのだ。
掛け値がないので、基本的に、値引きは無し。
よって、値切るという商習慣は無くなってしまった。

この商法は、大評判となり、その店は、江戸一番の大店になってしまった。
その店の名は、「越後屋」

誰でも知っている名前なので、時代劇などでも、しばしば使われる事になった。
「おぬしもワルよのぉ」
と言うあれである。

越後屋は、三越と名前を変え、今なお、現金正札商売を続けているそうだ。

July 21, 2007

ニュースな日々

少し固い話題が続いたので、軽いのを。
最近、テレビのニュースをよく見ている。
それに関してである。

私は、自営業なので、朝は比較的のんびり出来る。
仕事場はすぐそこだし、朝8時に仕事を開始しても、意味無いからだ。

朝、7時過ぎに、起きる。
ぼーっとしていると、8時近くなる。
チャンネルがフジ系列なら、そのまま。そうでなければフジ(東海)に変える。
高島 彩(アヤパン)の大きく、異常にキラついた瞳を眺め、今日のわんこを見る。
そのまま、小倉おじさんの「あざーす」という声を聞いて、長々とした立ち話を聞く。
それが終わると、チャンネルを変え、元気な日焼けじいちゃんが、紙を剥がすのを見て、「根本君」とか呼びかけて、彼女が映ったところで、納得して、昨夜録画したバラエティを見る。
終わると、はなまるに変え、海保おねぇさまのとぼけた顔を見る。

夜は、めがねのリングアナのは、ドラマやバラエティが無い時くらいしか見ない。
たいていは、ZEROになる。
以前は、筑紫じいちゃんを見ていたが、じいちゃんが病気で休んでいるので、ZEROになった。
これが始まると、ひたすら、小林麻央ちゃんを眺めながら、ニュースを「聞く」。
画面を見ていない時は、ボーとしているか、新聞を読む。
まだ寝ない時は、フジのニュースJAPANで、滝川クリステルの斜め座りを見る時もある。
横のおっさんの顔も名前も、いまだに覚えていない。

困ったのは、金曜日の夜。
ZEROは見ない。
なので、スケジュールが狂い、暇になることが多い。

ニュースではないが、TBSの「チューボー」が、加わるかも。
「お姉ちゃん」の方は、ニュースがないからだ。

そんなこんなでニュースばっかり見ているが、内容はあまり覚えていなかったりする。