Recent Trackbacks

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お薦めリンク

ウェブページ

NEWS ZERO

  • NEWS ZERO

June 08, 2017

女系天皇を受容するか?

識者の間でも意見が分かれている。

男女の性が決定されるのは、受精の瞬間である。
卵子はX染色体しか持たないため、受精した精子がXならXXとなり、受精卵は女に、精子がYならば、XYとなり、受精卵は男になる。

つまり、男系天皇が受け継いできたのは、精子側にしか存在しないY染色体なのだ。このY染色体を将来にわたって受け継いでいけるのは、皇族男子のうち、子供を作れる年齢である三名だけになってしまっている。

この問題こそが、「女系天皇を容認するか」「女系宮家を容認するか」という議論の根底にある核心である。

女系を容認した場合、古代より連綿と受け継いできた天皇のY染色体が途絶えてしまうが、それを受忍するのか?という議論だ、

この点を押さえておかないと、議論の本質が見えてこないということになる。

この問題、つまり、「天皇のY染色体を守る」という立場に立った場合、凍結精子の保存などという方策が受け入れられるはずもない昨今、方策はひとつしかない。

それは、「織田信長」方式である。
織田家周辺は安定させたものの、跡継ぎの無かった信長は、領内を馬で駆け回り、家来の美しい娘を側室に差し出させ、一気に子作りをした。

この故事に倣うのである。
三名のうち、子作り可能な年齢の殿下が、せっせと側室相手に励めばいい。

不敬だ、と思われるかもしれない。
だが、他に方法はあるのか?

ま、両妃殿下が受け入れるはずもなく、夢物語に等しい。

反対に、「Y染色体の継承を諦める」とした場合はどうだろう。
この場合は、話は簡単だ。皇室典範を改正し、女系天皇を可能にすればいい。

ただ、現状で該当者は二名ということになりそうで、急がないといけない。

どちらを選ぶにせよ、事は急を要すると思うのだが。
のんびり検討している場合じゃないよ。兵は拙速を尊ぶ、のだ。
既に、平時ではない。

February 27, 2017

あたりまえポエム1

今朝の「めざまし」で紹介されていた。
至極当たり前のことを、ポエムっぽく表現すると、二三拍おいてクスッと笑えるらしい。
記事

これ、いいかも。

同系統の作品に「相田みつを」の一連の著作がある。ファンだったり憧れている人は多いと思うが、誰でも「みつを」になれるはずもない。

しかし、金言でもなく、バカ受けでもなく、「クスッと笑い」狙いなら、敷居が低くなる。「あたりまえ」なら、誰でも2~3個は作れるのではないだろうか。

そうやって数撃っているいるうちに、その意図に反して、素晴らしい金言が生まれてくるきっかけになるかもしれない。

さっそく、かねてより冗談として言っていたことを、作り変えてみよう。


ぼくはものしり

だって、知っていることは、なんでも知っているんだから

February 03, 2017

落し物が返ってくる

記事

例えば、沖縄に住んでいる人が北海道に行き、何か(財布など)を落としてしまったが、幸運にも警察に届けられたとする。
今までなら、基本的に「取りに来い」だった。最近は、最寄りの警察署に行き、返信用封筒を郵送するなど、所定の手続きを踏めば、なんとか北海道旅行を再度しなくてもよくなったようだ。

しかし、来る4/1からは、電話で確認が取れれば、即、着払いだが、送ってもらえるようになるらしい。
これはめでたい。

ただ、これは、あくまでも、「送れるもの」の話だ。
落し物ではなく、北海道でバイクや車を盗まれて見つかった場合は、「北海道旅行」の手配を始めよう。送ってもくれないし、廃棄手続きもしてくれない。たとえ、下取りがマイナス価格で、買い替え寸前のポンコツだとしても、だ。

December 05, 2016

世界最小の鹿

記事

この鹿が、世界最小の鹿なんだそうだ。

しかし、かなり前に、「片手に乗る鹿」の目撃情報が、ちゃんとした番組内で紹介されたのは、ご存じだろうか。

確か、関西ローカルの番組で紹介され、その後、全国ネットのひるおび番組内で全国デビューとなったと、記憶している。

その衝撃の紹介内容にも関わらず、全く話題にならず、スルーされてしまった。

……それは、ネタ元が、さんまだったから。

ちなみに、同様の話で、

「さんまが小学生の時、石を投げてムササビを捕まえ、その剥製が、今もその小学校に展示してある」

というのは事実。検証番組内で実物を紹介し、その時の校長が、事実であると明言していた。

November 17, 2016

さんまは魚偏に祭?

変換すると「秋刀魚」となる。一説には、魚偏の漢字が作られなかったのは、江戸時代に、あまり顧みらることがない魚だったから、あえて漢字を作る必要がなかったため、ということらしい。
秋刀魚というのは、割と新しい漢字ということになる。

ちなみに、コノシロは、Ms-Imeだと鮗と変換されるが、魚偏に祭と書く場合もあるらしい。

で、この「魚祭」(いわゆる倍角。環境依存文字らしいので)は、江戸時代の文献にも使われていて、「さんま」とフリガナが振ってあるらしい。

つまり、江戸時代の一時期、さんまのことを「魚祭」と表記していたようだ。

さんま=「魚祭」or「秋刀魚」

でいいんじゃない?

だって、日本人向けに口頭で「さんま」と発音した場合、細長いあの魚を連想する人と、あの「おっさん」を連想する人と、半々ではないだろうか。

だったら、

さんま=「魚祭」

の方が、楽しいじゃん。

だって、「さかなへんに祭」だよ?

参考サイト:iPhone6sのSiriが見つけたサイト。再発見不能。

October 22, 2016

加算方式の電卓

前回、iOSの電卓アプリについて書いたが、世の中にはもう一つ、「加算方式」の電卓が存在する。いまだに経理などで重宝されているだろうが、いきなり、そんな電卓を使わされて困惑する人がいるだろうから、ついでに書いておく。

加算方式とは、+-のキーがなく、「+=」「-=」という、一風変わったキーがある電卓のことである。
これは、ふるーーい形式なのだが、経理の人間には、手放すことができないほど魅力的な方式なので、未だに時代を超えてしぶとく生き残っている。

そこで、前回と同じ問題を出す。

2+3×4=?

もちろん、数式としての正解は、14である。

これを、加算方式の電卓でそのまま操作すると、12と表示される。これは、前回の計算「2+=」がすでに終了しているため、入力した3に×4+=が実行されて、12となるのである。

なぜ、こんな古い形式の電卓が生き残っているのか。
それは、経理では、とても便利だから、である。

例えば、長い表に何らかの数値があって、その合計を出す場合、大抵は、定規などで、これから入力する行を表示させていることだろう。しかし、経理の現場では、しばしば、マイナスの数値が存在する。それは、赤字だったり、減分だったり、値引きだったりする。

その場合、普通の電卓だと、上の行の数値を入力後、すでに+を入れてしまっている。最近の電卓なら、素直にマイナスを押せば、「次は減分」と入れなおせるが、古い電卓だと、その挙動は、その電卓次第となる。

その点、加算方式なら、指定は数値入力後なので、安心して「-=」を押せる。この安心感は、大量の数値を表から入れたものでないとわからない感覚だろう。

まあ、今時Excelでしょ?

と言われれば、そうかもしれない。だが、すべての伝票まで電算化されていますか? せこい伝票は、電卓だったりしませんか?
あるいは、先輩経理マンのノスタルジーで、「こいつに限る!」と加算方式を押し付けられる可能性はゼロですか?
あとは、出先で借りた電卓が加算方式だったら。

まあ、年々、レガシー遺産となりつつあるが、一応、対策を書いておく。

それは、まず思い込みがカギである。

なぜなら、ほとんどの人は、大抵、「加算方式」を使っているからだ。それはメモリーである。メモリーは、「M+」などとなっている。これは、加算方式そのものである。

だから、

「これは、メモリーがデフォのメモリー電卓である。デフォのメモリーは、「MR」キーを押さなくても、デフォで表示されている。セカンドメモリーを操作した時だけ「MR」キーで表示させる」

くらいに考えておけばいい。

ちなみに、前掲の数式の答えを知りたければ、「GT」ボタンを押せば、14と正しく表示される。この手の電卓には、大抵装備されているはずだ。このキーは、「グランド・トータル」を求めるもので、過去の計算の答えの合計が表示される。計算前に「CA」キーを押して、GTをクリアしておくのは、経理マンの常識である。

デフォのメモリーの表示はGT。
セカンドメモリーの表示はMR。

と考えれば、加算方式も恐れるに足らず、だ。

October 07, 2016

ファミマの記念マグカップゲット

Img_0224s300

ファミマとサークルK・サンクスの統合記念マグカップをゲットした。
スナック菓子などのキャラクターがいっぱい側面に描かれている。
結構知っている方だと思っていたが、いいとこ半分くらいしか分からなかった。コンプリートできる人も、きっといるんだろうなぁ。

まず、買い物をしてスピードくじを引く。で、外れ券を五枚集めて店に持っていくと、店ごとに先着10名まで、マグカップへの引換券をくれる。そして、その引換券を10/2以降に持っていくと、あのマグカップがもらえるという段取りだ。

だから、今から動いても、入手は不可能である。

私も、結構出遅れたのだが、田舎ゆえに参加者も少なかったようで、最後の一人に滑り込めたようだ。

July 07, 2016

深刻な水不足

深刻な水不足なんだそうだ。空梅雨のために、水源となるダムの貯水量が底をつき、給水制限が始まっているようだ。
しかし、これ、東京者のエゴのようだ。

なぜなら、水源となるダムの貯水量は、報道され始めた時点で60~80%の貯水量だった。全く問題ない貯水量だし、先ほど確認したら、100%のダムさえあった。

では、水不足は誤報なのか?
いや、そうではない。単なる東京者のエゴなのだ。

東京、正確には、東京23区だけのローカルな水不足のニュースを、全国ニュースのコーナーで報じる姿勢に問題があるだけだ。
今回水不足なのは、利根川水系のダムであり、東海地方の水源となるダムの貯水量は、全く問題ないということである。

かつて、東海地方限定の水不足があった際には、その手の報道は、ローカルニュースの枠で報道されていた。そりゃそうだろう。

しかし、その数年後、利根川水系だけの限定的な水不足が起きた際には、全国ニュースの枠で報じられただけではなく、大騒ぎした。
しかも、ニュース番組のトップで、こう言い放った。

「いま、日本中の最大の関心事は、水不足です」

あほか!! おまえらだけだろう!!

今回も、同様なことが起きているようだ。

ちなみに、前回の利根川水系限定の水不足の際には、翌年、流域全域にわたって、灌漑設備が完備された。女子トイレにおいて水節約のために水の音が流れる機械も、この時に開発されたのだ。

今度の利根川水系「限定」の水不足は、どんな変化をもたらしてくれるのだろう?
まさか、水が足らない、とか言って、全国の河川で、貯水ダムを作ったりしないよな。いくらなんでも。

最後に、「北の国から」で、まだ幼かった子供のセリフで締めよう。
どっちのセリフだか覚えていないが、北海道に台風が接近していて、ラジオの気象情報を三人で聞いていた時のセリフだ。

「台風情報って、台風が東京からそれたとたんにやらなくなる」

今回の「水不足」も、根っこは同じである。
東京者に言う。あんたら、自分勝手なんだよ。自覚しろよな。

そうそう、親父は、東京の下町育ちで、私も、幼稚園入園前までは、年の半分くらいは、下町で暮らしていた。
今は、骨の髄まで田舎者だが、一応、江戸っ子三代目と言えなくもない。
だから、江戸っ子と区別して、「東京者」と表記した。ご理解を。ちゃきちゃきなお兄さんたち。

June 30, 2016

日本国憲法

最近、参院選の真っ最中だからか、選挙後、2/3が確保でき次第、憲法改正に着手しかねない状況だからか、憲法に関する話題が見聞きする。

日本国憲法は、前文と103条の条文からなるのは、よく知られているが、前文のさらに前に、短い記述があるのは、意外に知られていない。
それは、こんな感じ。

朕は、日本国民の総意に基いて、新日本建設の礎が、定まるに至つたことを、深くよろこび、枢密顧問の諮詢及び帝国憲法第七十三条による帝国議会の議決を経た帝国憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる。

御名御璽
昭和二十一年十一月三日

内閣総理大臣兼
外務大臣 吉田茂
国務大臣 男爵 幣原喜重郎
以下略

日本国憲法

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、……
出典

つまり、日本国憲法は、帝国議会の議決を経て、大日本帝国憲法第73条の改正条項を使って、全面改定された改正憲法なのである。

で、その73条がこれ。

大日本帝国憲法

第73条将来此ノ憲法ノ条項ヲ改正スルノ必要アルトキハ勅命ヲ以テ議案ヲ帝国議会ノ議ニ付スヘシ
2 此ノ場合ニ於テ両議院ハ各々其ノ総員三分ノニ以上出席スルニ非サレハ議事ヲ開クコトヲ得ス出席議員三分ノ二以上ノ多数ヲ得ルニ非サレハ改正ノ議決ヲ為スコトヲ得ス
出典

どうでもいい違いのようだが、意外とそうでは無い。

まず、大日本帝国憲法は無効になっていないということである。天皇の統帥権など、新憲法で明確に変更された条文はいいのだが、細かい政令・省令などは、大日本帝国憲法が無効になっていないために、現在も効力を有するとされている規定がある。

よく知られているのが、皇紀である。日本の方が西暦を使う国々よりも歴史が古いことを言いたくてでっち上げた眉唾物の皇室の記録を元に作られた年号である。そのため、初期の天皇は、200歳を超えていたりするが、それはいい。言えるのは、西暦+660年の年号が過去に存在し、今なお、無効になっていないということだけが重要である。

ちなみに、皇紀2600年(西暦1940年)に制式採用されたから、それにちなんで「零戦」なのである。

それはさておき、この皇紀が、近年、政治の表舞台に再登場する事態となった。元号法である。この法律が成立したことにより、それ以降、国の正式文書から、西暦というものが、一切合切消え去った。

閏年は、西暦を元に計算するのだから、これ以降、日本は、法の規定上、閏年を計算できないことになってしまう。

だが、現実には問題が無い。

明治三十一年勅令で、「紀元年数(皇紀)ヨリ六百六十ヲ減シテ」(wiki)、つまり、皇紀より660引いた数字を元に算定すると規定されていて、その規定が、大日本帝国憲法が無効にならなかったために、現在も、閏年が計算できている。

このように、国政の奥では、大きな違いがあるのが、大日本帝国憲法の全面改正なのだ。

ちなみに、冒頭の「御名御璽」とは、天皇陛下の署名と印のこと。B5用紙いっぱいくらいの大きさの正方形のでっかい印を押し、毛筆で天皇ご自身の署名がされる。ちなみに、今上天皇ならば、「明仁」と書かれる。

実際に見たことは無いが、写真は見た。
地元の先生様が大臣になった時に、喜色満面で披露している写真を見たのだ。
それはそれは、でっかい印だった。
まあ、実物を目にすることは、おそらく無いだろう。叙勲の可能性も無いしね。

April 22, 2016

耐震建築が軒並み倒壊

熊本県の被災状況だけでは無く、あちこちの巨大地震で頻繁に見かける光景である。
で、感じるのは、
「耐震構造って聞いてたのに……」
と言う勘違いである。その被災した建築物は、立派に役目を果たし終えている。

耐震構造の詳細を規定しているのは、建築基準法であるが、何度も起きている震災を受け、何度も改正されている。
でも、それなのに倒壊しているのは何故か。

この法の該当部分は、
「中にいる人が逃げ出すまでの間、倒壊しないこと」
を目的として制定されている。
しかも、建築基準法は、最低限度の基準を定めている。
だから、どんな地震にもびくともしない建築物を目指しているのでは無いのだ。

建築基準法は最低限度の基準なのだから、良心的な工務店ならば、基準法を遙かに上回るしっかりした構造にしてくれているはずだ。
でも、被害を受けている。それは何故か?

それは、経済性という観点から。
そもそも、私が建築を学んだ時は、関東大震災クラスの地震にも耐えられる、と言う基準だった。それが、何度か改正されて厳しくなっているわけだが、基本的な考え方は同じ。規定の規模の地震になら耐えられる構造と言うことだ。

例えば、マグニチュード20規模の地震に耐えられる建築であれ、と言う基準に変更したとしたら、おそらく、ほとんどの地震に耐えられる建築となるはずだ。
しかし、それが、一般の戸建て住宅だとして、建築費が3億円かかるとしても、発注するだろうか?
そんな法律になったら、ほとんどの人にとって戸建て住宅は、眺めるだけになってしまうことだろう。これは、非現実的な想定である。

一般に、戸建て住宅の寿命は、30~50年である。これを国の方針で100年にしようと目論んでいるが、うまくいっていないようだ。
仮に、長めにみて50年とする。
で、震災の発生確率が、500年に一度とする。

この場合、ほとんどの戸建て住宅は、震災に一度も会わずに、その寿命を終えることになる。それなのに、3億円もかけて、鉄壁の資産家専用建築物であるべきなのか?、ということになる。

そこで、両者の折り合いをとったのが、建築基準法の規定なのだ。

・数百年に一度クラスの地震なら、最低限、逃げ出す前につぶれたりしない
・庶民が建てられるように、合理的な基準に押さえる

これが、いわゆる「耐震基準」である。

ちなみに、マグニチュード20クラスの地震が実際に起こったら?
そんな天変地異は、想定外である。

より以前の記事一覧